ヴィーガン認証取得の備蓄用栄養補給「ライフスープ・ヴィーガン」を発売いたします。

更新日:9月4日

特定非営利活動法人ベジプロジェクトジャパン(本部:東京都台東区)が導入するヴィーガン認証マークを取得した新商品、備蓄用栄養補給「ライフスープ・ヴィーガン」を2021年9月1日の「防災の日」より発売を開始いたします。


■特定非営利活動法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証マークとは


原材料に肉・魚介類・卵・乳製品・はちみつ等、動物由来の物を含まないことが確認できたものをヴィーガン食として定義。

その他、砂糖や製造現場等の詳細について機関が定める基準をクリアした製品や料理を提供する飲食店などが認証マークを取得できます。


【特定非営利活動法人ベジプロジェクトジャパン】

ベジタリアン・ヴィーガン認証マークを発行する認証制度や、食品を扱う企業やまちづくりを行う行政との協業、観光案内所等で配布されるベジマップ制作を主に活動。


■ヴィ―ガン認証取得の背景


「ライフスープ」は2020年7月に、アレルギー対応の長期保存栄養補助食として産官学連携で開発いたしました。

これまでも、全国の自治体、学校、幼稚園、保育園、企業、施設等に導入されましたが、昨今の国内外での食の多様性や健康志向の高まりを踏まえ、より多くの方がいざというときでも安心して食べられること(災害時のフードダイバーシティ)を目指したいと考えました。

また当社としても、SDGsが掲げる貧困や飢餓を削減し、環境問題を緩和するという目標を、ヴィーガンであることでこれらの目標を達成するために重要な役割を果たすことができると考えています。

そこで、ベジタリアンやヴィーガンの選択肢を増やす活動を行っている特定非営利法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を申請し、2021年8月19日に取得しました。



■被災後にわかってきた大問題、それは「健康二次被害」

災害直後は生き延びるためのエネルギー、「水」や「主食」が不可欠です。

ですが、米やパン、カップ麺などばかりでは栄養が炭水化物に偏り、4日目以降にはビタミン・ミネラルなどの栄養が不足し、「健康二次被害」に陥るおそれがあります。

食料備蓄は単に「空腹を満たせればいい」というわけではなく、「美味しく栄養を摂れる備蓄」が必須条件です。

また、被災下において、食事に気を使わなければならない方の存在もクローズアップされてきています。

高齢者、そもそも持病を抱えて食事制限がある方、妊産婦、幼児、障害を持っている方、これら要配慮者の方は今までの備蓄品や支援物資を摂食することが困難な場合があります。

食事を摂れないことは深刻な栄養失調や体調不良だけでなく、心の健康にも支障をきたすことにつながっていきます。

歴史的な災害や100年に一度の豪雨を切り抜けても、その後の生活の中で健康二次被害を受ける方がたくさんいたのが現実でした。


そんな現状を何とかしたい。

実際の被災者の声を集め、自社のノウハウを生かし、0歳〜100歳まで誰にでも食べることのできる「スープ」に着目し、商品化したのが “ライフスープ” です。



■備蓄用栄養補給 「ライフスープ・ヴィーガン」の特徴

<商品概要>

「最低限の避難生活」から「健康的な避難生活」へ

食料備蓄は単に「空腹を満たせればいい」というわけではなく、「美味しく栄養を摂れる備蓄」が必須条件です。

「ライフスープ・ヴィーガン」は非常時・災害時でも被災者の栄養バランスを整え健康維持を目的とした、5年間保存可能な粉末スープタイプの栄養機能食品です。

もちろん、日常生活で手軽に栄養を摂取することにも大いに役立ちます。

アレルギー特定原材料等28品目不使用、化学調味料等不使用、ヴィーガン認証取得商品のため、要配慮者の方やヴィーガンの方も安心して召し上がれます。

<商品特徴>

1. 健康維持に必要な10種類のビタミン、2種類のミネラルを配合した栄養機能食品。

2. 特定非営利活動法人ベジプロジェクトジャパンによる「ヴィーガン認証取得商品」。 3. アレルギーを持つ方にも配慮し、アレルギー特定原材料等28品目。 4. 要配慮者の方にも食べやすい、化学調味料等不使用、野菜コンソメ味の粉末スープ。 5. 省スペース、軽量で製造より長期保存(5年間)可能。

注)もちろんヴィーガン以外の方の食事にも適応しておりますので、安心して召し上がれます。


<販売価格>

1袋5食入り:1,100円(税別)

※販売はAmazonサイトにて行っています。(Amazon商品ページを開く




46回の閲覧0件のコメント